銀内家関連場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍鍋、混乱、大展開

<<   作成日時 : 2007/12/08 17:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ロン@龍鍋 ユウ:えっと誕生日は本来と違ってたりするんですかね?
ロン@龍鍋 ユウ:なんとなく違うの言われた気が……

芝村:世界移動すると8月4日になるんよ
芝村:多くのキャラがそう名乗ってるはず

ロン@龍鍋 ユウ:ああ、確かに

芝村:2時間目はどうする?

芝村:なんなら、サポートをだすけど

ロン@龍鍋 ユウ:んー、なんというか、無理に動いても(というか動けないかなぁ)
ロン@龍鍋 ユウ:えっと二時間目なんですがACE呼ばずにイベントだけ選択してもよろしいでしょうか?

芝村:ええ。
芝村:なんですか?


ロン@龍鍋 ユウ:一応、本来は誕生日近くで小笠原終わるよ記念だったので  土産店でお願いします

芝村:はい。

/*/


ロン@龍鍋 ユウ:「ぼーろぼーろ」でたらめに歌歌いながら土産モノのお店を練り歩きます。

芝村:知恵者が露店出してるねえ。

ロン@龍鍋 ユウ:えっとひとまず、どんなお店あるでしょうか?
ロン@龍鍋 ユウ:っていきなり

芝村:タコ売ってる

ロン@龍鍋 ユウ:「タコ?」ジーっと見て
ロン@龍鍋 ユウ:「なんで、タコ売りしてるんですか」

知恵者:「そろそろ必要だと思ってな」

ロン@龍鍋 ユウ:「おっと、はじめまして知恵者さん、鍋の国の龍鍋と申します」

知恵者:「だが間違えた」

ロン@龍鍋 ユウ:「必要?」

芝村:知恵者はがっかりしてタコをしまった。

ロン@龍鍋 ユウ:「間違えた??」
ロン@龍鍋 ユウ:「ってなんでタコ急にしまっちゃうんですか?」

芝村:雑貨をならべ始めた。

ロン@龍鍋 ユウ:「なんかいろいろありますね」

知恵者:「我にも間違いはある。正直、一人で来るとは思っていなかった」

ロン@龍鍋 ユウ:「あ、ああなんというか大失敗したし」
ロン@龍鍋 ユウ:「ここで無理にしょうとしても相手の言い分わかるんで動けないです」

知恵者:「相手の娘は誰かね?」

ロン@龍鍋 ユウ:「娘……とは違うんですが……竹内君です」

芝村:知恵者はえー。という顔をした。

ロン@龍鍋 ユウ:「べ、別にいいじゃないですかー」

知恵者:「それはある意味よかったな」

ロン@龍鍋 ユウ:「ってある意味よかった?」

知恵者:「男同士よりは、の意味だ。まあ最近それがいいという者はいる」

ロン@龍鍋 ユウ:「男同士……えっと女装してるように見えるんですか?」
ロン@龍鍋 ユウ:「それとも別に竹内っていう女性の方がいるんでしょうか?」

知恵者:「いや、これから素敵な出会いもあろうという奴だ」

芝村:知恵者はため息をついた。

ロン@龍鍋 ユウ:「竹内は竹内でも竹内優斗くんですよー」
ロン@龍鍋 ユウ:「って素敵な出会いノーサンキュでいいです」

知恵者:「竹内・・・ペンギンの弟子か」

ロン@龍鍋 ユウ:「まぁ、どうしようもない……ええ、弟子さんですね」

知恵者:「ふむ」
知恵者:「男しかいない大陸にいたそうだ」

ロン@龍鍋 ユウ:(雑貨を除いてみたり)
ロン@龍鍋 ユウ:「レムーリアですか? 漢?」

芝村:指輪とかお守りが多いね。

ロン@龍鍋 ユウ:指輪にお守り(なんか相手いない状態だとなんともやらだなぁ)

知恵者:「ふむ。竹内はそこで相当、ひどいめにあったらしい」

ロン@龍鍋 ユウ:「ああ、確かに、実際何があったかは……んー考えるとしんどい事がありそうだなぁ(小説版の環境を連想)」

知恵者:「ぬいぐるみもある」

芝村:知恵者はぬいぐるみをだした

ロン@龍鍋 ユウ:「ぬいぐるみ……確か呼べるヤツですね」

芝村:知恵者は竹内を5種類だした。

ロン@龍鍋 ユウ:「五種類も!?」

ロン@龍鍋 ユウ:「知恵者さん、好奇心バリバリなんでお聞きしますけどこの五種類どう違うんですか?」

芝村:縛られた竹内、 幼い竹内、寝ている竹内、一人寂しそうに座る竹内、そして香川

ロン@龍鍋 ユウ:(なんだかリアルでうがーっと動きたくなったりなんか@@な気分w)
ロン@龍鍋 ユウ:「なんか気になるのが多いですね」

知恵者:「今買うと、特別にタコをつけよう」

ロン@龍鍋 ユウ:「おお、お買い得」
ロン@龍鍋 ユウ:「でも、おいくらなんでしょうか?」

知恵者:「0マイルだな」
知恵者:「そなたは既に代価を払っているようだ」

ロン@龍鍋 ユウ:「それは買うと言わないような……って対価……」
ロン@龍鍋 ユウ:「はぁ、まぁタコ気になってたし、お土産にちょうどいいかも」
ロン@龍鍋 ユウ:「えっとヌイグルミは選ばないといけないんですよね?」

知恵者:「無論だ。きけんなものもある」

ロン@龍鍋 ユウ:ここでサイコロ振ったりしたら危険だろうなぁ(。。)
ロン@龍鍋 ユウ:(なんか1ばっか出るのか危険な気がする>縛られた)
補足:リアルでホントに振ってみてた

ロン@龍鍋 ユウ:「えっと一人寂しそうに座る竹内君のヌイグルミください、さびしそうなのは……あ、そうか抱くと出てくるんでしたね」
ロン@龍鍋 ユウ:(周りに何か置いて飾っとくかなぁ)

知恵者:「呼ぶのは、嫌いか?」

ロン@龍鍋 ユウ:「今、呼んでも何の解決策にもなりませんし……」

知恵者:「なるとも」

ロン@龍鍋 ユウ:「ひとまずさびしそうなのをポツンと置いてくわけにはいかないです」
ロン@龍鍋 ユウ:「解決方法何かできたのならあらためて会うというところなので、抱かないように持って帰ります」
ロン@龍鍋 ユウ:「タコと一緒に」

知恵者:「そなたは解決法を既に得たではないか」
知恵者:「それは今の竹内の姿だ」

ロン@龍鍋 ユウ:「え? っとつまり後は……」
ロン@龍鍋 ユウ:「んーっと今のですか……」

知恵者:「今、まさに」

ロン@龍鍋 ユウ:「えっとひとまず買います」
ロン@龍鍋 ユウ:んで、観覧車の方へと移動します

芝村:知恵者は笑って手を振った。

ロン@龍鍋 ユウ:「知恵者さん、ありがとうございましたー」手を振りつつ

芝村:観覧車に来たよ

ロン@龍鍋 ユウ:今日はすいてますか?

芝村:ええ。
芝村:ガラガラだ。

ロン@龍鍋 ユウ:ひとまず近くで着替えていつもの格好(マフラーの)に着替えます
ロン@龍鍋 ユウ:そして、店員さんに四週分のチケット代払います
ロン@龍鍋 ユウ:二人分を

芝村:はい。

ロン@龍鍋 ユウ:んで、以前と同じゴンドラの番号に乗り込みます

芝村:乗りました。

ロン@龍鍋 ユウ:そして、ヌイグルミを使います

芝村:竹内を抱きしめている。

ロン@龍鍋 ユウ:「竹内君、さっき一つだけ言わなかったことがあるんだ」

竹内:「うわぁ」

芝村:急に竹内、我にかえった。

ロン@龍鍋 ユウ:「竹内君、話を聞いて!」
ロン@龍鍋 ユウ:「前回の観覧車の時、竹内君、なんかよそよそしいっていってたよね」
ロン@龍鍋 ユウ:「あの時とよさんの結婚式のこといってたけど」
ロン@龍鍋 ユウ:「実は他にも隠してることあったんだ!」

竹内:「ここは」

芝村:竹内は黙った。

ロン@龍鍋 ユウ:「それは竹内君のことを男とか女とかそういったこと全然関係なしに」
ロン@龍鍋 ユウ:「大好きだってことなんだ」
ロン@龍鍋 ユウ:「友情でも愛情でも関係なしに大好きで」
ロン@龍鍋 ユウ:「なんていうかカッコイイとかカワイイとかそんなこともあったり」
ロン@龍鍋 ユウ:「ちょっとした行動が好きだったり」

竹内:「その割には・・・」

ロン@龍鍋 ユウ:「竹内君の事色々知りたくて鍋好きなのとか色々聞いたし」
ロン@龍鍋 ユウ:「うん、その割には?」
ロン@龍鍋 ユウ:相手の目をみます

竹内:「大阪さんばりの距離ですね」

ロン@龍鍋 ユウ:「う、ごめん、大阪さんってあんまりしらないの」
ロン@龍鍋 ユウ:「えっと、友情も愛情も含めて大好き、愛してますってことなんだけお」顔真っ赤

芝村:竹内は手のひらで貴方の顔を押した。

竹内:「近すぎなんです」

ロン@龍鍋 ユウ:「えっと意味通じてるよね?」

竹内:「ええ。ちゃんと」

ロン@龍鍋 ユウ:「あ、ごめんなさい」ちょっとだけ下がります

芝村:竹内はため息をついた。

ロン@龍鍋 ユウ:顔真っ赤で「えっとそのだから……」タイミングあいてなんというか
ロン@龍鍋 ユウ:「ええっとね、だからして検索じゃなくて探索、捜索じゃない」

竹内:「はい」

ロン@龍鍋 ユウ:「なんか色々聞いてたのはそれが理由で」

竹内:竹内は聞いている。

ロン@龍鍋 ユウ:「鍋カーとかそういったのもなんかあったら竹内君と逃げるためで」
ロン@龍鍋 ユウ:「じ、実は暑い時の鍋いやがってたから」
ロン@龍鍋 ユウ:「毎回用意してたりするし」
ロン@龍鍋 ユウ:「なんかけがしたらイヤだなって救急箱とか車に詰め込んでたり」
ロン@龍鍋 ユウ:「ん、っとえっと」
ロン@龍鍋 ユウ:目は竹内君の顔見てます
ロン@龍鍋 ユウ:「えっと……なんか言うこと全部いったような気が……するか」

芝村:きゅー

ロン@龍鍋 ユウ:「ああ、そうかホントは今日、一緒に誕生日プレゼント選んでほしかったとか」
ロン@龍鍋 ユウ:「って竹内君?」

芝村:わしゃわしゃわしゃ。
芝村:竹内は銃を抜いた。

ロン@龍鍋 ユウ:きゅきゅわしゃわしゃ?
ロン@龍鍋 ユウ:銃……

竹内:「第4異星人!」

芝村:竹内は撃った。

ロン@龍鍋 ユウ:「えっと信じてもらえないならって第四ってイカナだっけか?」

芝村:貴方を引き寄せた。

ロン@龍鍋 ユウ:竹内君につかまります
ロン@龍鍋 ユウ:ってタコーかー>プyレイヤ発言

芝村:ゴンドラの端に貴方と竹内、反対側に小さなタコがいます。
芝村:きゅー
芝村:わしゃわしゃわしゃ

ロン@龍鍋 ユウ:「小さいタコ?」

竹内:「なんてことだ。本物ですよ」

ロン@龍鍋 ユウ:「わしゃわしゃって何ー?」
ロン@龍鍋 ユウ:「えっと何かあぶないのかな? えっと」ちょっとぐるぐる
ロン@龍鍋 ユウ:「ほ、本物だとなんかあぶないの?」

芝村:タコはゴンドラを食べ始めた。

ロン@龍鍋 ユウ:「げ、食べたー」

竹内:「具体的にはこういうことです。銃じゃだめか」

芝村:もう半分くらい食われた。

ロン@龍鍋 ユウ:「えっと、ここにマフラーならあるけど」

芝村:傾いている。

芝村:3

芝村:2

芝村:1

芝村:0

ロン@龍鍋 ユウ:まふらーをひろげます

芝村:貴方は落ちた。
芝村:マフラーを竹内が握った。


ロン@龍鍋 ユウ:「竹内くん、マフラーでなんか広げて」
ロン@龍鍋 ユウ:「ぱらしゅーとがわりにー」
ロン@龍鍋 ユウ:マフラーの反対側しっかり握ります
ロン@龍鍋 ユウ:えっとなんか安全そうというか水場したにないですか?
ロン@龍鍋 ユウ:もしくはフワフワな場所

芝村:下は海だ。

ロン@龍鍋 ユウ:「海ならえっと」

竹内:「マフラーがパラシュートになるわけないでしょ」

ロン@龍鍋 ユウ:痛くないように飛び込みの姿勢を竹内君と一緒に
ロン@龍鍋 ユウ:「だってーそれしか思いつかなかったわけでー

竹内:「考え方が女のこみたいだって言われたことは?」

ロン@龍鍋 ユウ:「ちょ、ちょっとぐらいならなんとか」
ロン@龍鍋 ユウ:「って、え、ど、どうかなーというかそんな話してる場合じゃないじゃないのー」
ロン@龍鍋 ユウ:「パラにならないんならえっとたけうちクン飛び込みとかなんかアドバイスを」

竹内:「僕は小言が言いたい気分なんです。貴方にはわからないかもしれないけれど」

ロン@龍鍋 ユウ:「はぁ、なんというか小言ですか」
ロン@龍鍋 ユウ:「えっと確かにわかりません、はい」素直に小言聞きます

竹内:「貴方の考えは、稚拙すぎます」
竹内:「女の子ならさておき、漢だったらもっとしっかりしてください」

ロン@龍鍋 ユウ:「はい、いや確かにわかんない事多すぎて、こうなんとかしようとするときは確かに」
ロン@龍鍋 ユウ:「はい、もうちょっとしっかりします」

芝村:マフラーが破れそうだ。

ロン@龍鍋 ユウ:「でも、確かリーダーをサポートしてくれるんじゃなかったっけか?」ちょっと顔をうかがうように
ロン@龍鍋 ユウ:「って敗れる!?」

竹内:「ひっぱたきますよ」

ロン@龍鍋 ユウ:「う、ごめんなさい」
ロン@龍鍋 ユウ:「はい、小言聞きます」シュンと

竹内:「好きなだけじゃ男はやっていけないんです」

芝村:竹内は歯を食いしばっている。

ロン@龍鍋 ユウ:「はい」素直に頷きます

芝村:貴方を引き寄せた。

ロン@龍鍋 ユウ:歯を食いしばってる?
ロン@龍鍋 ユウ:抱き寄せられます

芝村:貴方を捕まらせて、竹内はとんだ。

ロン@龍鍋 ユウ:「と、とんだ……」唖然と
ロン@龍鍋 ユウ:「って忍者……みたいだ」

芝村:竹内に食いついた。タコが
芝村:腕を食いちぎった。

ロン@龍鍋 ユウ:タコを捕まえてほおりなげます

芝村:竹内は笑った。

竹内:「一本くらいならくれてやりますよ」

芝村:一緒に海に落ちた。

ロン@龍鍋 ユウ:落ちたー
ロン@龍鍋 ユウ:えっとできるだけ意識を保つように努力します
ロン@龍鍋 ユウ:んで、もしタコがまだいたら懐に入れてたカイワレヤガミを餌に腕から離れるように誘います
ロン@龍鍋 ユウ:もちろんすぐにカイワレから手を離します

芝村:貴方は落ちてないさ。
芝村:落ちたのは、タコと竹内だ。
芝村:竹内はタコを封じて上がってきた。

ロン@龍鍋 ユウ:えっとでは、すぐに降りれますか?

芝村:ええ

ロン@龍鍋 ユウ:「ってスゴ!」目を丸くして

竹内:「なんでこんな危険なものを!」

ロン@龍鍋 ユウ:「竹内君大丈夫?」
ロン@龍鍋 ユウ:「えっとなんでって言われてもその……」
ロン@龍鍋 ユウ:「なんか竹内君と一緒についてきた? っていうことかな?」
ロン@龍鍋 ユウ:「なんかわかんないけど竹内君呼ぶアイテムと一緒についてきたというかなんというか」

竹内:「・・・」

ロン@龍鍋 ユウ:「正直にいおうとするとなんか説明になってないよねぇ」えっととどう説明するか悩む

竹内:「今度から、こう言うのに手をだすのはやめてください」

ロン@龍鍋 ユウ:「はい、気をつけます」
ロン@龍鍋 ユウ:「えっと、腕、大丈夫?」

竹内:「・・・」

ロン@龍鍋 ユウ:ポケットにあると思うバンソーコじゃ足りないなぁななどと思ったり

竹内:「約束ですよ」

芝村:竹内はそれだけ言うと、失血で倒れた。

ロン@龍鍋 ユウ:「うん」

/*/

芝村:はい。お疲れ様でした。

ロン@龍鍋 ユウ:おつかれさまです
ロン@龍鍋 ユウ:えっとなんかなんとかなったんでしょうか?(ケガが)

芝村:ええ。

ロン@龍鍋 ユウ:ドトウの展開過ぎて

芝村:ちょっと竹内ごのみのやろうにしては女の子likeだったけど(笑)

ロン@龍鍋 ユウ:えっとそのあははと笑うべきかなんというか(苦笑)
ロン@龍鍋 ユウ:なんというか二時間前の予想外展開になるとは思ってなかったです

芝村:ははは。

ロン@龍鍋 ユウ:竹内ごのみのヤロウ(なんか気になる言葉だ)

芝村:評価はトータルで+1+1

ロン@龍鍋 ユウ:はい、というか連れがいない時は毎回一時間目で失敗してるし

芝村:秘宝館には2・2で依頼出来ます。

ロン@龍鍋 ユウ:はい

ロン@龍鍋 ユウ:あ、ひとつ竹内関連で質問したいことがあるんですが今いいでしょうか?(もしかしたら複数ですけど)

芝村:どうぞ

ロン@龍鍋 ユウ:えっと竹内君の視力激減の理由ってなんなんでしょうか?
ロン@龍鍋 ユウ:クローニング技術で治せないものなのか気になりまして

芝村:怪我だね。

ロン@龍鍋 ユウ:けが……う、予想外
ロン@龍鍋 ユウ:治せないレベルのケガなんですか?

芝村:ええ

ロン@龍鍋 ユウ:えっと、あと一つ質問がありまして
ロン@龍鍋 ユウ:第五世界ではメガネで航空兵とか航空の仕事には就けないんでしょうか?
ロン@龍鍋 ユウ:(現実世界でも可能なのかちょっと調べたけどいけるのかいけないのかちょっとわからなかったのですが)

芝村:そうですね。
芝村:戦闘機パイロットはダメダねえ
芝村:あえて使わないし

ロン@龍鍋 ユウ:戦闘機に乗りたいのか>竹内君
ロン@龍鍋 ユウ:多分医療(クローニング技術)あるならわざわざってことなのかなぁ
ロン@龍鍋 ユウ:質問お答え頂きありがとうございました

芝村:視神経に破片はいってるんだよ。

ロン@龍鍋 ユウ:破片……それは……(なんか狩谷君とダブルなぁ)

ロン@龍鍋 ユウ:えっとすいません、ひとつ質問増えました
ロン@龍鍋 ユウ:函ゲームで竹内君の目治す方法模索するようなお題って可能なんでしょうか?(まぁ本人の意見重視ですけど)

芝村:無理だ。

ロン@龍鍋 ユウ:ああ、無理ですか……(まぁそうですよねぇ)
ロン@龍鍋 ユウ:あの視力なくなるイベントって結構竹内ズキーの第一歩だった気がするんで……うん、疑問解決しました。ありがとうございました。

芝村:こじんACE ならさておき

ロン@龍鍋 ユウ:個人ならOKですか……(個人ACEすごいなぁ)

芝村:ええ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍鍋、混乱、大展開 銀内家関連場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる