小笠原体験記ぱぁとⅡ(龍鍋ユウ)

 前回は緊張をしまくった。それがなんだかんだとゲームに影響を与えたかもしれない
前回のログはこちら

 ということで、小笠原予約が決定後に藩国内で連れ(ミニイベントなので二人で行ける)を募集してみる。前回は+1+1なので問題はなし(+2+2以上の上昇は単独でのみ。ただし勲章持ちは例外)

 募集し、とよたろうさんと一緒に行くことに決定。ちなみに当日はなんか昼間にエースゲームがあったり、小笠原に不穏な空気があるようであったりとゲームスタート前はなんか不安満載であった(ゲームは夜。ちなみに念のために色々準備したりもした)

用意した絵


 ちなみに今回「鍋カー」という車を持ち込むことができたので、小笠原になんだかんだと持ち込めるような事を実感する。(といっても武器持ちまくって争いを巻き込んでしまったりとかそういう場合もありうるので何でもかんでも持ち込んでもダメだと思うよ?)

 ログに色々書き込もうかとも思ったが読むのに邪魔な部分もあるだろうと最小限にとどめたのでここで随時場所場所のコメントを


龍鍋 ユウ:必要かどうかわかりませんが、http://nyanwan.at.webry.info/200711/article_4.html車を用意しています)

 さて、今回はトンデモナイことになる可能性があるかも? ということで色々用意した。(実際はしばらくは戦闘は起こらないって話だったらしくて、問題なかったらしいけどね)

 移動手段(いざという時の逃亡手段)、急に鍋することになった時用の鍋とその材料、ケガした時の医療アイテム、戦になった時用の武器、いざとなったら海へ逃げれる用のボートなどなど。ということで車を用意。(いちおうこの鍋カーの装備や自分の格好なども色々文章で用意したり)
 まぁ、必要なかったので特に問題ナッシングだったんだけどね。

 序盤スタート地点はミーアの泉の公園。この時は別に危険状態という話はなかったけど、実際どうなってたかというのはよくわからなかった(正確には安全の保障はなかった)
 ついでに、元々はどっかの屋内ならまだ安全かな? という風にも考えていたのでいきなりピンチ!? と思いきや(若宮君緊張してるし)竹内君は食事中(結局何食べてたのか不明)だったりと危ないのか大丈夫なのか不明なままスタート(すぐ逃げれるように車を近くに配置)

 結局危なくなさそう? とは思いつつも場所が場所なので、移動を考える。夕方あたりにエースゲームとか最近の小笠原ゲームの調査(ログ読みとか情報収集)してた時に港に観覧車hがあるって話を見た事を思い出し、そちらへ誘導作戦発動!(港なのでいざとなれば逃げれる? 上からなら危険もすぐわかる? な考えである。まぁ観覧車に乗ってる間に何かある可能性もあったけど、ひとまず場所移動したかったのである)


 なんか前回と違って感想ばっかりだなぁ(。。)


 ちなみに前回の体験記には小笠原関係のリンクが載ってたりする

 まぁ、感想は書きたければ違うとこで書くべきだと思うので置いておいて。(あれ? でも体験記ならそれでいいのかな? そもそもイベント選択あたりでも書こうと思ったけど、もう、シーズンオフだし、その後も一緒とは限らないしねぇ)


ということで今回は別のおまけも用意しておこうなどと思ったり……。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック