クェスカイゼス開発コンペ 文 銀内 ユウ@鍋の国


一般性能要求

L:クエスカイゼスの開発 = {
 t:名称 = クエスカイゼスの開発(イベント)
 t:要点 = 一般性能要求{
クエスカイゼスとは宰相府に伝わる発掘兵器とそのコピーで、I=Dの原型になったものである。
低物理域を含むあらゆる世界で活動できる騎士専用機であり、主武装を剣と楯とし、
火器類は目立たぬように内蔵された。推進器としてのロケットを持たず、重力制御で動いた。}
 t:周辺環境 = 宰相府
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *クエスカイゼスの開発のイベントカテゴリ = 藩国イベントとして扱う。
  *クエスカイゼスの開発の位置づけ = 生産イベントとして扱う。
  *このイベントを取った国は、その国用のクエスカイゼスを作成できる。作成したものにあわせてアイドレスが作成、公布される。
 }
 t:→次のアイドレス = なし


/*/



クェスカイゼス、それは宰相府藩国に伝わる発掘兵器の名である。

クェスカイゼスは発掘兵器である。現在の戦況、特に竜との対話において発掘兵器を使うのはどうなのだろうか? という話もあったが、どう扱うかが問題であるという意見もあり、クェスカイゼスを量産し使用する際にいくつかの改良が行われた。

 クェスカイゼスは発掘兵器でありながら帝国のI=Dの原型となったものである。特に帝国初期のI=Dであるトモエリバーにその設計思想は受け継がれている。しかし、一見見ただけでは形が違うしあまり関係ないのでは? と思われるかもしれない。しかしクェスカイゼスがI=Dの原型となったといわれるのはその形ではなかった。


形あるものではなく心が受け継がれたのである。

 帝国のI=Dでもトモエリバーを初めとするI=Dには「高速戦闘による誰も無視できない圧倒的白兵性能」が求められ続けてきた。これは帝國の剣であるI=Dを象徴する戦闘方法でもあり、現在の帝国においても確立された一つの戦法として存在している。

 クェスカイゼスにおいてもその心を受け継いでいた、いや、原型でもあるクェスカイゼスはその原初である心があった。


それは「ただ圧倒的な一撃により敵を撃退する帝国の先制の剣なり」



 トモエリバーはクェスカイゼスの心を受け継いだのである。形に拘るのではなくその心を受け継ぎ、そして次の世代のI=Dへと心を伝えていったのである。

 また、クェスカイゼスは今までのI=Dのデータを参考にしつつも改良されており、特にレムーリアなどの低物理域でさえも活動できるようにと調整が施された。
元々発掘兵器が元なので低物理域においての活動を可能にするのは一つの懸念を除いてさほど問題ではなかった。

 そんなクェスカイゼスは発掘兵器とそれを分析してコピーしたものが使われている。機体の量産に関しては宰相府藩国の技術を使えば特に問題はなかったが、乗り込むにはいわゆる「騎士」である事が求められた。騎士専用機にしたのはTLOの無制限の利用ができないようにしたという目的があったのかもしれない。

 さらに元々宰相府藩国には国民が少ない。さらに騎士専用機にする事によりさらに乗れる人が限られる。そんなクェスカイゼスには他にも制限があったのである。


 それはまきの誕生日作戦における宰相の言葉にあった。

「クェスカイゼスはよいI=Dだが、お前の反応速度にはついていけてないからね。気に食わないかい? なんなら装甲を変えよう」

 宰相が今日子に言った言葉である、しかし、この言葉を見るとわかるようにクェスカイゼスには強すぎる人物が乗った場合においても無制限に力が出せないようになっているのである。
 元々今日子が強すぎるというだけかもしれないが、クェスカイゼスは今日子のような強力なACEの反応速度に追いつけない機体なのである。




 クェスカイゼスの一番の特徴は重力を制御できる事であった。機体内にあるグラビティゼスジェネレータ-から発生する重力エネルギーを応用し空を駆け、大地を飛び、海を走った。それはロケットいらずであり、全ての制御にグラビティゼスジェネレータ-を利用したのである。

 しかし、グラビティゼスジェネレータ-には弱点があった。それは重力のある地表でしか使えないという事である。

これはグラビティゼスジェネレータ-とともに併用して使用される重力変換装置「グラグラテンバランス」が重力のある場所でしか使用できないという理由からである。もともと低物理域を含むあらゆる世界で活動できるというコンセプトであるクェスカイゼスでは、TLO的に危険と判断されたゆえにわざわざリミッターともいえる「グラグラテンバランス」を取り付ける事により、真空の宇宙などでは使用する事のできないものにしたという説がある。実際な話として本来発掘された真のクェスカイゼスには別のジェネレーターなどが搭載されており、宇宙への出撃も可能であったという話もあり、現在のアイドレス界の状況を考慮し、開発陣が今の時代にふさわしいクェスカイゼスとして改良したと言われている。

 実際にはフェイクトモエリバー3など、宇宙における戦力はそれなりに存在しており、現状では火星やレムーリアでの戦いが考えられるので、今後の戦場で活躍できるようにと考えられ開発された結果、宇宙での戦闘を想定から外したといえるかもしれない。


 またクェスカイデスを参考にしたトモエリバーと同じく、クェスカイゼスにも剣と楯が装備として用意された。というか、基本装備は剣と楯だけであった。

 重力を制御し、高速移動、のちに絶対的な力による白兵の一撃で敵を葬るのがクェスカイゼスの戦闘方法であった。もちろん重力を操るので見かけ以上に軽快に大地を駆ける事も空を飛ぶ事もさらに湖の上を歩く事も可能であった。戦闘時のクェスカイゼスはまるで羽のように軽くなる事や反対に山のように重くなり敵の動きをその手で止めるなどといった事も不可能ではなくなる。
 しかし、それにはクェスカイゼスのグラビティゼスジェネレータ-の絶妙な出力調整とコントロール、そして勘をも駆使したパイロットの運転技術が求められる。
その為か、騎士専用機というだけでなく、よほど熟練したパイロッチでなくてはクェスカイゼスの真の力は引き出せないと言われている。

 クェスカイゼスは運転とジェネレーターの出力調整が必須であり、パイロットの技量が求められる。 特にジェネレーターの調整はパイロットが動きに合わせて逐次出力調整が必要であり、クェスカイゼスを使いこなすのはそれこそ一心同機といえるような乗り手が求められるといえよう。

 また前記のように今日子の反応速度に追いつけないという理由にこれもかかわってくる。
 クェスカイゼスは重力とそれを応用した戦闘を行う、そのマニューバーパターンはかなりの数になる。その操縦を一人で負担するというゆえにクェスには数多くのマニュアルが存在している。
 またそれだけでは操縦するのは大変難しい。その為、クェスカイゼスにはサポート用のOSが付けられている。必要に応じてそのOSに自らの戦術行動パターンを入力しておく事により操縦を簡潔化させておくことができ、その場に応じた操縦を行うのがクェスカイゼスの操縦方法である。
 しかし、その場その場で最適な操縦を行おうとする、いわゆる臨機応変な操縦を行うような者にとっては自らの反応速度にクェスカイゼス(OS)がついてこれず(登録パターン外の行動でサポートできない)結果、乗り手の反応速度に機体がおいつけないという結果になるのである。



そんなクェスカイゼスには重力を応用した七つの技があった。


○重圧場留缶(カイゼスバルカン)

 クェスカイゼスの全身に内蔵されている火器類を展開して射出する技。おもに敵へのけん制攻撃に使用されるものであり、弾幕を張るなどの用途にも使えるが破壊力はあまりない。
その為か、敵の攻撃をそらしたりするのによく使用される。射程もさほどないが、背後からの攻撃などにも使用できるという事、移動と同時に使用できるというなどもあり、乗り手によって
使い方や使用回数が大きく変化する武装ともいえる。


○重力波楯展開(カイザーシールド、フィルドアップ!)
 カイゼスに装備されている楯は一見普通の楯である。しかし、グラビティゼスジェネレータ-と同期させる事により、楯の四方に不可視の重力フィールドを展開する事ができる。
この状態のカイゼスはどんな敵の攻撃をも防ぐ事ができるぞ でも展開中は動けないから要注意だ!
 もちろん普通の楯としても使用できるから状況を踏まえて使い分けよう!


○重力稲妻三段蹴(グラビティサンザーキィィィック!!)

 重力を操る事クェスカイゼスの蹴りはただの蹴りでは終わらない。敵を打ち上げた後に二度三度と飛び蹴りを連続で続ける事ができるのだ。敵を蹴った後に空中に重力で壁をつくりそこを蹴って敵をまた蹴る事により連続攻撃を可能にしている。
そのクェスカイゼスの攻撃は雷のようにジグザグと敵を撃つ用に見える事からサンダーキックの名称がついた。正確には雷とは逆向きの形(下から上)で攻撃しているわけだけど、そこは野暮用ってもんさね。


○重圧剣真っ向一文字切り(カイゼスブレード)

 クェスカイゼスの剣はただの剣ではない。グラビティゼスジェネレータ-と同期させる事により重力を操り、敵へと攻撃する事ができるのだ。クェスの剣は斬るのでもなく叩き切るのでもない、敵を重力で打ち壊すのである。


○重圧爆閃剣(カイゼスブレードスラッシュ)

 カイセズの剣に重圧の力を溜めて一撃のもとに敵を葬る必殺剣。重力パワーによる負荷により敵は大爆発を起こしクェスカイゼスに勝利をもたらす。
 
○駆重守・爆交封殺剣(カイゼスエンドスラァァァッシュュュュューー!!)
 
 カイゼスの楯から重力波を発射し敵の動きを止めてトドメの必殺剣をお見舞いする必殺技。敵の動きを止めてからの必殺技のコンボに敵はボロボロ。
何気に楯からの重力波には敵の装甲に重力の負荷を与える事で装甲を弱める効果も付加されており、どんな敵をもなぎ倒します。


○駆重守・黒色圧迫砲(カイゼスグラビティバスタァァァー!)

 カイゼスの楯に剣を取り付ける事により準備完了。剣と楯、そしてグラビティゼスジェネレータ-を同期させ、エネルギーをチャージ。そして放たれる必殺の重力砲は星をも砕く(誇張)究極鮮明にして最強の必殺技だ!


○駆重守華射是須・最終圧縮弾(カイゼスグラビティーバーァァスッットォォォォーーー!!)
 
 カイゼスの切り札にして隠し技にして八っつ目の必殺技。
 カイゼスのグラビティゼスジェネレータ-を全開にし、エネルギーを集めて超圧縮、一球闘魂の気持ちで剣に乗せた圧縮弾を敵に打ち込む!

 ヒットした圧縮弾は敵の装甲を打ち破り、そして連鎖破壊が発生、敵を一掃する……クェスカイゼス最強にして最凶の最終必殺奥義である。
なお、ジェネレーターを全開にして作り出す仕様上、連続使用するのは難しく、それこそ二度三度と使えば剣はともかくその負荷に腕がもたず、破損してしまうという実験結果が出ている。しかし、最強の必殺奥義は切り札でもありここぞという時に使う代物である。そんな事からか、破損するのは仕様という事でこの必殺技はここぞという時のみに使うと決められており、この技を使う時は決着の時だと言われている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック